令和元年 情報通信エンジニア優良団体表彰

 電気通信事業法第71条が定める「工事担任者」は、電気通信設備の接続を行う際に必要とされる国家資格で、この工事担任者の知識や技術の向上を目的に作られたのが「情報通信エンジニア」制度です。
  日本データ通信協会では、制度の普及促進を図る目的で、情報通信エンジニアの育成と資格取得を支援している団体を「情報通信エンジニア優良団体」として毎年表彰しています。本年度も、工事担任者スキルアップガイドライン委員会(委員長:小宮一三 神奈川工科大学学長)の承認を経て、情報通信エンジニア優良団体を選出し、企業5団体、学校4団体を表彰します。

 平成21年度から「情報通信エンジニア資格者を多数保有し、本資格の認知度及び社会的地位の向上を図るとともに、資格取得に対し積極的に支援をされている団体(企業や学校)」に対して優良団体として表彰しています。

 今年度で第11回を迎えた優良団体表彰において、選出された優良団体に対し、当協会専務理事が代表して表彰状をお渡しします。受賞された団体は電気通信の最新技術の知識習得に向けた取り組みを推進し、安心・安全な情報通信基盤の維持向上と人材育成に多大な貢献をされています。

 情報通信エンジニア資格は、毎年更新研修を受けることにより多くの企業で自社の人材育成に、また、いくつかの公共団体等で入札の考慮条件にする等活用されています。高等学校では国家資格である工事担任者資格の取得を推奨しているところもあり、知識や技能の日々向上に向けた努力ができる人材育成の証しとなっています。

 編集部では、受賞9団体の表彰状授与式に同席し、受賞の声を掲載する予定です。

令和元年 情報通信エンジニア優良団体表彰 受賞団体一覧

順位 企業の部表彰(官公庁除く) 資格者数 支援内容
1 扶桑電通株式会社(本社:東京) 55名 ・申請料、更新料共に全額会社負担
・資格取得を奨励・推進
2 株式会社 TOSYS(本社:長野) 39名
3 大和電設工業株式会社(本社:京都市) 35名
4 株式会社 ベータテック(本社:名古屋) 24名
5 大和電建株式会社(本社:福井) 20名
順位 学校の部表彰 資格者数 支援内容
1 尼崎市立尼崎双星高等学校 28名 ・工事担任者受験対策を実施し多数合格
・情報通信エンジニア資格申請指導
・一括申込

 

 

2 福岡県立福岡工業高等学校 19名
3 京都府立京都すばる高等学校 14名
福井県立科学技術高等学校

① 情報通信エンジニアの有効期限は1年間で、団体の資格者数は毎年変動します。企業の部表彰の対象資格者は1年以内に更新研修を修了した方です。(一財)日本データ通信協会のデータベース〈令和元年9月30日資格保有者〉により集計
② 情報通信エンジニア資格保有団体ランキングは、(一財)日本データ通信協会のホームページで9月と3月に集計し、公開中。
  https://www.dekyo.or.jp/engineer/contents/ranking.html