Pマーク制度とは

プライバシーマーク制度は、日本工業規格の JIS Q 15001「個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」に適合して、個人情報の適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を認定して、その旨を示すマーク(プライバシーマーク)を付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。

プライバシーマーク制度には、次の目的があります。

  • 消費者の目に見える「プライバシーマーク」で示すことにより、個人情報の保護に関する消費者の意識向上を図ること。
  • 適切な個人情報の取扱いを推進することにより、消費者の個人情報の保護意識の高まりにこたえ社会的な信用を得るためのインセンティブを、事業者に与えること。

事業者にとっては、法律への適合性はもちろんのこと、自主的により高い保護レベルの個人情報保護マネジメントシステムを確立し、運用していることをアピールする、有効なツールとして活用することができます。

ページの最初へ移動