日本データ通信協会 電気国家試験センター

電気通信主任技術者、電気通信の工事担任者の国家資格試験

受験の手引き

試験免除 : 試験科目の試験免除

受験者の申請により、条件を満たす場合は試験科目を免除します。ただし、科目免除を有する受験者であっても定期試験申請受付期間内(CBT方式による試験は申請時)に免除申請がなければ、科目免除にはなりません。十分確認のうえ、試験申請願います。なお、審査の結果により免除が認められない場合があります。
審査結果は、受験票(CBT方式による試験の場合は確認票)の「試験科目」の表示により通知いたします。
試験の免除に関する主な流れは、概要フローを確認してください。

詳しくは試験免除の詳細・注意事項をご確認ください。

(1)試験種別毎の免除科目

免除科目一覧表」を確認してください。
なお、免除科目一覧表に記載の免除科目の略記は、以下です。
基礎:電気通信技術の基礎
技術:端末設備の接続のための技術及び理論
法規:端末設備の接続に関する法規

(2)資格等による科目の免除

①免除が対象となる資格を有している方は試験科目の免除を申請することができます。免除が対象となる資格を確認してください。
資格者証(写)等の証明書類の提出は不要です。

②上記以外の資格等として、「電気通信工事施工管理」の技術検定に合格した方も試験科目の免除を申請することができます。
合格証明書(合格通知書は不可)の写しを申請期限までに提出してください。

(3)科目合格

過去に受験して合格した科目は試験免除を受ける事ができます。
ただし、試験免除の申請に申請期限がありますので注意してください。
なお、eLPITなど工事担任者養成課程の修了試験における科目合格では試験免除の対象とはなりませんのでご注意ください。

(4)認定学校修了・修了見込み

①認定学校とは、総務大臣が認定した教育施設をいいます。
②試験申請に「修了証明書」又は「修了見込証明書」を提出することにより、「基礎」の科目免除を申請することができます。

(5)実務経歴

①実務経歴による科目免除とは「従事した接続の工事の内容」を「経歴証明書」にて証明して頂くことで、「基礎」「技術」科目の免除を行うことです。
②実務経歴による科目免除を申請する場合は、「経歴証明書」を提出してください。

(6)科目免除の申請に関わる証明書類の提出先

①科目免除を申請する場合、インターネットによるアップロードを原則とします。
②アップロードができない方は電子メール、郵送などで電気通信国家試験センターに提出してください。
提出時には必ず名前(フリガナ)、生年月日、申請受付番号、試験種別を明記し、申請期限までに提出してください。

戻る


受験の手引き