日本データ通信協会 電気通信国家試験センター

電気通信主任技術者、電気通信の工事担任者の国家資格試験

受験の手引き

試験免除 : 経歴証明書の作成

以下は「経歴証明書(Excel形式PDF形式)」の作成にあたっての概要です。詳しくは経歴証明書作成の詳細・注意事項を確認してください。

実務経歴における「従事した接続の工事の内容」は電気通信事業者の通信設備(保安器、ONU等)に通信線を接続することに係る工事です。

(1)実務経歴として認められる工事

端末設備又は自営電気通信設備を電気通信回線設備に接続することに係る(接続することを想定している)工事を実務経歴として認めます。
※電気通信回線設備の構築工事は認められません。

(2)実務経歴として認められない工事

①電気通信事業者の事業用電気通信設備の工事(単体ONUを取付ける工事を含む。)
②電気通信回線設備に接続されない工事
③端末設備等に関する保守・運用作業

(3)共通事項

①事実と異なる内容を記載して申請を行い、試験を受けようとする者には受験の停止の措置を、試験を受けた者には試験の無効の措置をそれぞれ行う場合があります。
②経歴証明書は、申請者自身が必ず実務経験の内容等を記入・作成し、代表者(又は証明担当者)の証明を受けてください。

(4)科目免除申請の経歴の範囲

①「基礎」科目の免除を申請する場合、実務経歴は試験種別に関わらず申請できます。
②「技術及び理論」科目の免除を申請する場合、実務経歴は受験する試験種別に関わる工事の範囲のみを申請してください。

(5)各欄の記入方法

「従事期間」、「従事した接続の工事の内容」、「伝送路規模」、「実地に監督した工事担任者」、「申請者」及び「代表者」並びに「証明担当者」各欄の必要な項目について、漏れや誤り等のないように確実に記入してください。
なお、「経歴証明書記入例」を別紙に示しますので、記入時の参考にしてください。

(6)実務経歴での科目免除結果の通知について(全科目免除申請の申請者は対象外)

免除に該当しない場合は「工事担任者試験の実務経歴審査結果のお知らせ」にて通知します。
免除に該当する場合は試験実施日の2週間前までに「受験票」が送付されます。「受験票」到着までお待ちください。

全科目免除申請の申請者は全科目免除申請に記載のとおりです

戻る


受験の手引き