転送状況 2006.11.22

 目立ったチェーンメールを紹介します。

宣伝系:不幸系チェーンメールの書き換え』

 メールを転送しなければ不幸なことになるという、不幸系の代表的なチェーンメールですが、このメール内容を書き換えてホームページへ誘導したり、電話をかけさせようとする宣伝系のチェーンメールです。本例の場合、記載されたサイトは二つとも直接出会い系サイトにつながる悪質なものでした。

 このメールに限らず、チェーンメールの文章は、誤字脱字が目立ったり、内容的に意味の通らない文章が多いのですが、この改変されたメールは、故意か、手間を惜しんでか、転送強制数(転送させようとする人数)を10人から18人へ変えて(画像中の①部分)、文末に宣伝の文章を付け加えた(画像中の②部分)だけのものです。そのために、転送強制数の一部が修正忘れでばらばらになっていたり(画像中③の部分)、突然サイトに登録しろなど、ますます意味不明な内容になっています。

 このチェーンメールは、他人が書いた文章を盗用して適当にコピペで文章を付け加えただけの特に完成度の低いものですが、本来のこの不幸系のチェーンメールにはホームページへアクセスさせるためのアドレスもありませんでした。しかし、誰にでも書き換えがカンタンに出来てしまうチェーンメールは、特に悪用されやすく、チェーンメールの主なターゲットとして中・高生を狙うアダルト系業者には非常に効率の良いシステムです。以前同じような内容のメールだったからといって、そのアクセスしたURLが改変されていないとは限りません。以前アクセスしたサイトが、今回書き換えられて出会い系やワンクリック詐欺サイトだったというように、思わぬかたちで落とし穴にはまってしまう可能性もありますので、チェーンメールに記載されているサイトへのアクセスはしないようにしてください。

 また、友人を装った迷惑メールやチェーンメールは、一見して出会い系やアダルト系サイトのホームページだと分からないようになっていますので、うっかり操作ミスでアクセスしてしまったり、カンタンに引き込まれないか不安な時は、フィルタリングサービスの利用をおすすめします。

 フィルタリングは、まだ一般に浸透していませんし、利用の仕方によっては一長一短があるものですが、自衛の1つの手段として効果的ですので、ぜひ家族の中で話し合って、利用するかどうかを決めるようにしてください。

参考:携帯会社のフィルタリングサービスについて

サンプルとしてチェーンメールの内容を載せていますが、大部分を省略し、画像としています。

これは、テキスト形式で全文を紹介した場合、そのまま誰かに悪用され、新たなチェーンメールとなることを防ぐためです。

ケータイサイト
ケータイサイト用QRコード
ケータイ会社へのリンク

考えよう家族みんなでスマホのルール

ページの最初へ移動