メンバーニュースリリース

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2010年

  • 「第3回量子暗号・量子通信国際会議(UQCC2010)
    (Updating Quantum Cryptography and Communications)」の開催
    ~見て触れて量子が拓く未来の技術~

    量子暗号は、将来暗号解読技術が進歩しても絶対に破られることのない次世代の暗号として、実用化が期待されている新技術です。本国際会議では、東京都内の光ファイバー網をつないだ最新の量子暗号ネットワークの実演、及び国内外の最新の研究成果や実用化に向けた動向に関する講演が行われます。また、量子暗号だけでなく、将来の究極のグリーンICTを目指す量子情報通信技術に関する最先端の基礎研究成果の講演や討論も行われます。

    (スケジュール)

    • 10/18 量子暗号ネットワーク実演会、量子暗号技術のビジネス展開、量子通信技術の概要、宇宙量子通信技術開発などに関する講演
    • 10/19, 20 量子暗号を含む量子通信の最先端技術・理論に関する学術講演

    詳細はNICTのページ(新しいタブで開きます)でご参照下さい

  • セイコープレシジョン株式会社(2010年7月28日掲載)

    セイコープレシジョン株式会社(代表取締役社長:中村敏宏、本社:千葉県習志野市茜浜1-1-1)は、タイムスタンプ(時刻認証)を用いた、デジタルコンテンツの存在日時を証明するクラウド型サービス「かんたん時刻認証」の提供を今秋より開始する予定です。これに先立ち、サービスの一部機能を、7月27日より無償で公開(新しいタブで開きます)いたします。サービス概要及び体験版は下記Cyber Timeのページ(新しいタブで開きます)より「かんたん時刻認証」をクリックください。

  • 独立行政法人情報通信研究機構(2010年5月17日)

    独立行政法人情報通信研究機構光・時空標準グループ岩間 司 氏が日本ITU協会から永年にわたるタイムビジネス等、時空関係の業績により国際活動奨励賞 国際協力分野を受賞されました。(PDF:61KB)(新しいタブで開きます)

2008年

  • (財)日本データ通信協会(2008年6月掲載)
    日本金融通信社発行【季刊 金融IT情報誌「FIT」No.29 夏号】(6月13日発行)に「電子データの信頼性を確保するタイムスタンプ」が掲載されました。

2007年

  • アマノタイムビジネス株式会社(2007年6月号)
    日本経済団体連合会発行、【月刊・経済Trend】に「タイムスタンプの国際標準」に関しての記事が掲載されました。
  • アマノタイムビジネス株式会社(2007年5月25日掲載)
    【金融関係新聞ニッキン(日本金融通信社)】13面に「口座開設申込みなどにタイムスタンプ採用」に関しての記事が掲載されました。
  • セイコープレシジョン株式会社(2007年5月15日掲載)
    セイコープレシジョン株式会社(社長:中山正之、本社:千葉県習志野)、日本ベリサイン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長兼 CEO:橋本晃秀)、国立大学法人 東京大学先端科学技術研究センター 井原茂男特任教授は、時刻認証電子メール技術を用いた先端科学 技術情報保護システムを共同開発しました。

TBF新規会員募集中

お問合せ先

一般財団法人 日本データ通信協会
タイムビジネス協議会

電話番号 03-5907-3813

お電話による受付時間
 平日 09:00~12:00
    13:00~17:00

〒170-8585
東京都豊島区巣鴨2-11-1
巣鴨室町ビル7階

お問合せフォーム

ページの最初へ移動