3 迷惑メールを予防するには

3-2 個人情報を守るには

あなたのアドレス、盗まれていませんか?

どうして迷惑メールを送られてくるのか、わからないという方からの相談がよく寄せられています。
「出会い系なんて利用していないのに、こんなメールを受け取るのはおかしい」
「男性向けのメールが女性の自分に来る」
「サイトも見ていないのになんだか気味悪い」
そして一番の疑問は、「自分のアドレスがなぜ分かったのか」という点です。

迷惑メール送信者は、メールを送信するために送り先のアドレスを集めています。
以前はランダムに機械処理でアドレスを推定してメールを送る手法もありましたが、今ではもっと確実な方法で、実際に利用されているアドレスを収集しています。
それは、インターネット上で利用者自身がホームページなどに掲載しているアドレスを集める「①公開情報からの収集」、アドレス収集のために「おとりサイト」を用意し、利用者自身がサービスの登録として入力したアドレスを収集する「②サービスの無償提供による収集」、という方法です。
収集されたアドレスは迷惑メール送信リストへ登録され、迷惑メールが送信されるようになり、さらにはその送信リストは他の迷惑メール送信者へ売買され、大量の迷惑メールが送られるようになるのです。

迷惑メールフィルター機能を設定した場合でも、すり抜けてきた迷惑メールを受け取ってしまうこともありますので、次の3つの基本を守り、迷惑メールからつながる第2、第3のトラブルを未然に防ぎましょう。

こんな時に要注意!アドレスが収集されてしまう2つのきっかけ

①公開情報からの収集
ホームページ・掲示板、ブログ、SNSなど、インターネット上で公開されているサイトにアドレスを掲載していると、アドレス収集ツールにより自動収集される危険性があります。
収集されたアドレスは、迷惑メール送信者の送信リストへ登録されたりしますので、アドレスの公表には十分注意しましょう。

②サービスの無償提供による収集
インターネット上には、アドレスの収集を目的とするいわゆる「おとりサイト」もあります。
無料ゲームサイト、モニター/懸賞サイト、占いサイト、待ち受け画像等の無償ダウンロードなど、様々なサービスの無償提供を装って利用登録時にアドレスを入力させ収集する手口です。
こうした手口の場合、「おとりサイト」の利用規約等で様々サイトからの広告宣伝メールの送付が利用条件になっていて、それに同意することにより次々と迷惑メールが送られてくるようになることが多いようです。サイト運営者がよくわからないなど、少しでもサイトの利用に不安を感じた場合は、サイトの利用について、登録(同意)しないようにしましょう。

関連ページ

2-1 パソコンの対策:メールソフトやセキュリティソフトを利用した対策について

2-2 ケータイの対策:ケータイ会社が提供している迷惑メールフィルタリングについて

2-3 WEBメールの対策:フリーメールやプロバイダメールをweb上でご利用中の場合

2-4スマートフォンの対策:iPhoneやandroidケータイをご利用中の場合