3 迷惑メールを予防するには

3-1 迷惑メールを受け取ったら

迷惑メールへの対応は? 覚えておきたい3つの基本

迷惑メールを受信しないようにどんなに注意をしていても、様々なきっかけでアドレスが迷惑メール送信業者に渡ってしまう可能性があります。 また、迷惑メール対策を行っていたとしても、迷惑メール送信者は手法を次々と変えて送信してくるため、完全に防ぐのは大変難しくなっています。

迷惑メールフィルター機能を設定した場合でも、すり抜けてきた迷惑メールを受け取ってしまうこともありますので、次の3つの基本を守り、迷惑メールからつながる第2、第3のトラブルを未然に防ぎましょう。

1. メールを開かない(無視する)
迷惑メールを開いてしまうと、ウイルス感染や望まない広告・画像などが表示される恐れがあります。添付ファイルを開くのも同様です。心当たりがないアドレスから送られてきたメールは、開かずにそのまま削除しましょう。判断がつかず、削除してしまうのが心配な場合は、開かずに一時的に別フォルダに移しておき、しばらくたったら削除しても良いでしょう。
※メールソフトによっては、ダブルクリックしてメールを開かなくても画面内にウインドウが開きメール内容を表示してくれるプレビュー機能という便利な機能があります。しかし、このプレビュー機能を利用していると、結果として、開くつもりのないメールまで表示してしまう(メールをダブルクリックして開いたのと同じ)ことになります。
このため、メール表示形式や設定によっては、ウイルスに感染してしまったり、送信者にメールを見たことがわかってしまう場合があります。利便性よりもトラブル未然防止の観点を重視するのであれば、プレビュー機能をOFF(無効)にしてプレビューでの表示はしないように設定しておきましょう。具体的設定方法は、ご利用いただいているメールソフトのヘルプ等でご確認下さい。
※メールの転送の際に、一部のケータイ、スマートフォン、タブレットなどはメールを開かなければ転送できない仕様になっております。違反メールなどの情報提供をいただく際は十分にお気をつけください。特に添付ファイル付のメールでご不安な場合は削除をおすすめいたします。

2. クリックしない・返信しない
迷惑メールに記載されているURL(http:~)をクリックしないようにしましょう。迷惑メールに記載されたサイトへのアクセスは、料金請求などのトラブルのきっかけになります。
アドレスなどを識別するURL情報を含む迷惑メールの場合は、URLをクリックしてサイトを閲覧しただけで、サイトの運営者に、あなたがメールを受け取り、サイトにアクセスした事が分かってしまいます。 軽い気持ちでアクセスしたり返信してしまうと、サイトの閲覧料や利用料などと称して不当な料金を請求されることにつながるおそれがあります。

3. 入力しない・信用しない
迷惑メールにだまされて個人情報などを盗まれないように注意してください。
有名企業を装って偽サイトへ誘導し、IDやパスワードを入力させてだまし盗る「フィッシング詐欺」の例もあります。
個人情報を要求するあやしいメールを受け取った際は、決して信用せず直接利用会社に問い合わせを行うなどの確認が必要です。

いらなくなったメルマガ、解除していますか?

自分で申し込んだメールマガジン等がいらなくなったときや、自分のアドレスを変更したときはどうしていますか?読まなくなったものや、いらないメルマガをそのままにしておくと受信トレイが見づらく必要なメールが探しにくく、本来迷惑メールではないのに「迷惑だ!」と感じられてしまうことにもなります。
そんなときは放っておかずに、きちんとオプトアウト(拒否通知)してメール配信を止めましょう。また、自分のアドレスを変更したときも忘れずにメルマガ発行者に連絡するようにしましょう。大半のメルマガには、本文下部に購読の中止の仕方や、配信先の変更について記載があります。
少しの手間をかければ、あなたの受信トレイがすっきりするだけではなく、プロバイダや携帯電話会社のメール送信における設備の負荷を軽減し、電子メール環境全体の改善に役立つことに繋がります。
なお、オプトアウト手続きや、アドレス変更手続き等は、ID、パスワードが必要になることもあるので、メルマガ等の発行者から付与されている場合は忘れないようにしましょう。

関連ページ

2-1 パソコンの対策:メールソフトやセキュリティソフトを利用した対策について

2-2 ケータイの対策:ケータイ会社が提供している迷惑メールフィルタリングについて

2-3 WEBメールの対策:フリーメールやプロバイダメールをweb上でご利用中の場合

2-4スマートフォンの対策:iPhoneやandroidケータイをご利用中の場合