シンポジウム/セミナー/ワークショップ

トラストサービスに関する第2回ワークショップ

「建築設計業務における設計図書の電子化について」
~設計業務における設計図書の電磁的記録の作成と長期保存の普及促進
(ガイドラインに基づく長期署名フォーマットの普及)~

セミナー詳細ダウンロード
講演1 『建築設計業務における電子化』
国土交通省 住宅局 建築指導課 企画専門官  藤原 健二 氏 PDF ダウンロード/0.3MB(新しいタブで開きます)
講演2 『トラストサービス』
タイムビジネス協議会 企画運営部会長  柴田 孝一 氏 PDF ダウンロード/3.5MB(新しいタブで開きます)
講演3 『JIIMA ガイドライン紹介』
JIIMA 市場開拓委員会 建築WG 副委員長  川谷 聡 氏 PDF ダウンロード/2.6MB(新しいタブで開きます)
講演4 『設計図書の電子化の運用モデル』
安井建築設計事務所  繁戸 和幸 氏 PDF ダウンロード/2.6MB(新しいタブで開きます)
NEWS LETTER STOP THE トラパゴス化!
トラストサービス推進フォーラム(創設予定)のご案内 PDF ダウンロード/0.5MB(新しいタブで開きます)

建築3法の一つである建築士法においては、建築士が業務として作成した設計図書に記名押印をし、建築士事務所開設者が15年保存しなければならないとされています。これらの設計図書を電磁的記録により作成し、あるいは保存することは平成16年に施行された「e-文書法」により可能となっていましたが、法的理解が進まなかったことや具体的な方法がわからず、普及の阻害要因になっていました。
今般、設計図書を電磁的記録により作成し、建築士法で定められている15年保存を電磁的記録で行う場合の法的な根拠と方法について解説した「建築設計業務における設計図書の電磁的記録による作成と長期保存のガイドライン」がJIIMA(公益社団法人日本文書情報マネジメント協会)から公開されました。
トラストサービスの利活用によって電子化が推進されることが期待される事例として建築業界にフォーカスして本ワークショップを開催します。

ワークショップ詳細
主催 総務省
日時 2018年3月14日(水) 14:00-17:00 開場13:30
会場 セコムホール(定員100名)  東京都渋谷区神宮前1-5-1 (新しいタブで開きます)
JR山手線「原宿」駅(竹下口改札) 徒歩5分
東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前」駅(出口5番) 徒歩5分
参加料 無料
プログラム
13:00 開場
13:30 受付開始
14:00 本日のプログラムの説明
14:05 主催者挨拶
14:10 講演1「建築設計業務における電子化」
国土交通省 住宅局 建築指導課 企画専門官  藤原 健二 氏
14:40 講演2「トラストサービス」
タイムビジネス協議会 企画運営部会長  柴田 孝一 氏
15:10 休憩 デモ展示 タイムビジネス協議会
15:30 講演3「JIIMA ガイドライン紹介 」
JIIMA 市場開拓委員会 建築WG 副委員長  川谷 聡 氏
16:30 講演4「設計図書の電子化の運用モデル」
安井建築設計事務所  繁戸 和幸 氏
17:00 閉会

お問合わせ:
電話:03-5907-3813

※ 講演者・講演の内容や時間は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

ページの最初へ移動