1 迷惑メールの概要について

5. お金儲けのメール

あやしい副業をもちかける勧誘メールには要注意

お金儲けのメールイメージ「短時間で高収入!」「簡単に儲かる!」「月収○○万円」などというメールを受信したことはありませんか?

最近、こんな手軽なサイドビジネスや副業を勧誘するメールが増えていますので注意が必要です。やってみようかなと思って申し込みをすると、「仕事の紹介をするには、紹介料が必要です」「これから紹介する仕事をするには、その前に簡単な試験を受ける必要があります」「試験のための研修がありますから、教材の購入が必要です」など、次々と最初の説明にはなかったことを言い出されたりします。 結局、仕事の紹介は受けられずに高額な費用を取られたり、高い教材を買わされたりして、お金だけだまし取られることになりかねません。簡単にお金儲けができるなどという話はないのです。決して信じてはいけません。


高齢者や女性に多い?悩みの相談で高額謝礼にだまされた

悩みを聞いてくれた人に「お金をあげたい」などといったメールから有料の出会い系サイトなどに誘導され、高額な利用料を支払ってしまった高齢者や女性の被害が急増しています。

相手の巧妙な言葉を信じて、謝礼目当てに有料メールを何度もやり取りさせて、サイトの利用料として高額な料金が発生していたという手口です。中には、悩み相談の相手を放っておけずにメールのやりとりを続けていたという被害者もいるため、だまされていることになかなか気づけない場合もあります。 悩みを聞いてくれた人に「お金をあげたい」などといったメールから有料の出会い系サイトなどに誘導され、相手の巧妙な言葉を信じて有料メールを何度もやり取りするうちに高額な利用料を支払ってしまった高齢者や女性の被害が急増しています。

有名人になりすますサクラがほとんど

悩み相談の人物として多いのは、「高額財産のあるお年寄り」「アイドル」「有名企業の社長」「医者」などを自称するサクラです。話を長引かせるためのウソは実に巧妙で、「あなたがいないと寂しい」「若い人の生活の援助をしたい」などと架空の話に引き込んで有料メールを続けさせます。女性の場合は、「某男性アイドルグループの○○です。悩みがあるけど立場上誰にも言えないから聞いてほしい」などといった言葉にだまされて被害にあう傾向があります。サクラを見抜くのはむずかしいため、気づいたときには料金を払ってしまった後だったという場合もありますが、お金を支払った証拠が残っていれば取り返せる可能性もありますので、すぐに消費生活センターへ相談してください。

まとめ

簡単に儲かる、楽に稼げる、お金をあげるなど甘い言葉には要注意!

トラブルにあってしまったら、すぐに消費生活センターへ相談を

 
関連ページ

2-1 パソコンの対策

2-2 ケータイの対策

3-3 アドレスを使い分ける

 

関連サイト

「賞金が当たった」という詐欺的なDMに注意!-全国の消費生活センターに寄せられたDMの分析をふまえて-(国民生活センター)

高齢者も被害!出会い系サイトの「お金をあげる」はウソ!?(国民生活センター)